メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
果断猛進

19年ラグビーW杯への道 攻守切り替え迅速に=薫田真広

 日本からスーパーラグビー(SR)に参入し3年目のサンウルブズは、開幕5連敗と苦しいスタートになった。

 昨季に続き、ラインアウトでの劣勢が響いている。10-61で敗れた3月24日のチーフス(ニュージーランド)戦もマイボールでの成功率が75%と低く、相手にキックを効果的に使われてしまった。FW堀江(パナソニック)が「全員が能力を向上させなければいけない」と言うように、修正を急ぐ必要がある。

 チーフスのSOとしてプレーしたニュージーランド代表のマッケンジーには個人技でトライを奪われ、FWに…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文880文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]