メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都府医大

夏の心筋梗塞、夜注意 日照時間と関連

 京都府立医科大など世界7カ国の共同研究グループが、急性心筋梗塞(こうそく)の発症時刻と日照時間に密接な関連性があることを突き止めたと発表した。7カ国計2270症例の分析で、日照時間の長い夏は他の季節に比べ、夜に心筋梗塞の発症が増加していたという。医療スタッフの効率的な配置などにつながる成果としている。論文が6日、米心臓協会専門誌(電子版)に掲載された。

 心筋梗塞は夏よりも冬、夜より日中に発症しやすいことが知られている。グループは日中と夜間の発症数を夏…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです