メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中知財問題

報復の連鎖に 「貿易戦争」が現実味の懸念

米中の貿易摩擦をめぐる動き

米国、10兆円規模、対中追加制裁検討

 トランプ米大統領は5日、知的財産権侵害などを理由にした対中国の貿易制裁措置について、25%の追加関税を課す中国製品の対象を1000億ドル(約10兆7000億円)分積み増す考えを示した。中国は即座に報復拡大を示唆し、米中の緊張が高まった。両国が強硬姿勢を示し合う背景には、今後の交渉を優位にしたい思惑があるが、“チキンゲーム”が行き過ぎれば、「貿易戦争」が現実になりかねない。【ワシントン清水憲司、北京・赤間清広】

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文1943文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです