メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

師匠の杉本昌隆七段が語る藤井聡太六段 「対局棋士、勝たれすぎ」

【第68期王将戦1次予選2回戦】感想戦で対局を振り返る藤井聡太六段(左)と杉本昌隆七段=大阪市福島区で2018年3月8日、貝塚太一撮影

 将棋の史上最年少プロ棋士で、愛知県瀬戸市出身の藤井聡太六段(15)は、今最も注目される10代の一人だ。東海地方の学生記者は師匠の杉本昌隆七段にインタビューし、藤井六段の強さの理由や「プロ」の生き方を聞いた。

東海キャンパるの学生記者がインタビュー

 学生記者 3月8日にあった師弟対決の感想と、メディアから非常に注目された感想を教えてください。

 杉本七段 非常に多くのメディアで報道していただきまして、注目される勝負というのはやはり私たちにとっ…

この記事は有料記事です。

残り4071文字(全文4292文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  3. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  4. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  5. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]