メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力の記憶

ボスニア「民族浄化」から四半世紀/1 レイプ被害女性助けたい 傷抱え立ち上がる

戦争中に性的暴行を受けた女性への支援について語るアメラ・メクチュセヤッチさん(右)ら=サラエボで

 セルビア、クロアチア、ボスニアの3民族が戦った旧ユーゴスラビアのボスニア紛争(1992~95年)は、「民族浄化」という言葉で表されるすさまじい虐殺と性暴力を引き起こした。これらの戦争犯罪を裁くため93年に設置された旧ユーゴ国際戦犯法廷(オランダ・ハーグ)は昨年閉所。戦後処理はひと区切りついたようにも見える。だが現場を歩くと、当時、性的暴行の被害に遭った女性たちは、四半世紀後の今も暴力の「記憶」を引きずり、深刻な心身の傷に苦しんでいた。

 92年4月、ボスニア・ヘルツェゴビナ東部のビシェグラード。イスラム教徒のボスニア人が6割超を占める…

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1728文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]