メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『鳥! 驚異の知能 道具をつくり、心を読み、確率を理解する』=ジェニファー・アッカーマン著

 (講談社ブルーバックス・1404円)

学習と脳の力はヒト科なみ

 今年の『ナショナル ジオグラフィック』誌は鳥特集を続けている。二月号は「鳥の知能」だった。シアトルに住む八歳の女の子がカラスに餌をあげていたら、そのカラスが毎日のように「贈り物」をするようになった。死んだトゲウオ、ペンダントやきれいな石もある。瓶のふたに乗って雪の斜面を何度も滑り降りるカラス、段ボールで道具を作るオウムなど。いまや鳥によっては、脳とその働きは大型類人猿並みかそれ以上と考えられている。三億年以上前に恐竜と哺乳類に分かれた鳥とヒトが、それぞれ脳を大型化し高い知能を生んだ。では地球外の生命存在が可能な惑星で生命が生まれたら、やがて知性が発達し文明を生み出すか? それとも知性の発生は奇跡? どうやら奇跡ではないと地球の鳥たちが語っているように、私には思われる。

 そんな鳥のエピソードが満載の本書。私が知る限りはじめての、鳥の知能に関する研究最前線の総合的紹介だ…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです