メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 4月から、BS各局の新編成が始まった。各局のラインアップは、これまでとは異なるポイントが見てとれる。一つは自前のドラマ制作。もう一つは主要な視聴ターゲットを中高年層中心から、少しずつ若い層へシフトしていることだ。

 BSのドラマといえば、地上波のドラマの再放送が定番だったが、BSジャパンが自社制作ドラマを意欲的に放送。ベッキー主演の「くノ一忍法帖 蛍火」(毎月前半の火曜午後8時)、足立梨花主演の「噂(うわさ)の女」(土曜午後9時)、「逃亡花」(土曜深夜0時)。BSトゥエルビは人気漫画が原作の「居…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです