メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーツを訪ねて

サッカーW杯日本代表候補/4 大敗経て意識変化 FW杉本の恩師、金尚益さん(60)

金さん

 高校3年でプロになり、2012年ロンドン五輪出場。エリート街道を歩いてきたFW杉本健勇(25)=セ大阪=だが、元々は優等生タイプではなく、むしろ問題児だった。

 小学4年生で地元・大阪のサッカーチーム、FCルイラモスヴェジットに入団した。しかし、当初は夜遊びをしたり、練習をサボったり。何度も「サッカーをやめたい」と口にもした。チームの金尚益監督(60)は「何や、こいつは」と面食らうと同時に「この子がサッカーをやめたらどうなるのか」と心配した。集合場所に杉本の姿がなければ、両親に「健勇が来るまでこの場所を動きません」と連絡を入れ、正面から向き合った。

 そんな杉本が小学5年の時、試合で大敗したことを機に変わり始めた。友人からの遊びの誘いも「俺はサッカ…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文700文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]