メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

全日本選抜体重別選手権 橋本、男子73キロ連覇

男子73キロ級決勝、橋本(奥)が海老沼から腰車で技ありを奪う=徳野仁子撮影

 柔道の世界選手権(9月・バクー)の代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権が7日、福岡市の福岡国際センターで開幕し、男女計7階級が行われた。男子73キロ級は、昨年の世界選手権優勝の橋本壮市(パーク24)が決勝で、五輪2大会連続銅メダルで階級変更した海老沼匡(同)を破って2年連続3回目の優勝を飾った。

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(旭化成)は準決勝で海老沼に敗れた。

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです