メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

鯖煮×「孤独のグルメ」 名脇役生んだ京の味

イラスト 佐々木 悟郎

 「本番いきます!」。撮影スタッフの声が響くと、小さな定食屋の空気が引き締まった。人気テレビドラマ「孤独のグルメ」のロケ。集まった視線の先にいるのは主人公を演じる松重豊さん(55)だ。煮魚でご飯をほおばり、至福の表情を浮かべた。

 ドラマは2012年に始まった。主人公の井之頭五郎が仕事の合間に一人で訪れた店で空腹を満たす物語。食事中の会話はほとんどなく、表情や仕草で感激を伝える。ライブ感を大切にするため、松重さんが行ったことのある店は使わない。本番一本勝負で撮影に臨む。

 ドラマの原点とも言える、人生を変えた一品がある。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです