メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

橋本壮市が2年連続V 全日本選抜体重別

男子73キロ級決勝、橋本(奥)が海老沼から腰車で技ありを奪う=福岡国際センターで2018年4月7日、徳野仁子撮影

 柔道の世界選手権(9月・バクー)の代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権が7日、福岡市の福岡国際センターで開幕し、男女計7階級が行われた。男子73キロ級は、昨年の世界選手権優勝の橋本壮市(パーク24)が決勝で、五輪2大会連続銅メダルで階級変更した海老沼匡(同)を破って2年連続3回目の優勝を飾った。

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(旭化成)は準決勝で海老沼に敗れた。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです