メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

世界選手権の代表12人決定

 全日本柔道連盟は8日、世界選手権の代表男女各6人を決めた。昨年の世界選手権で男子73キロ級金の橋本壮市(パーク24)ら7人が前回大会に続いて選ばれた。初代表は世界女王の新井千鶴(三井住友海上)に一本勝ちした大野陽子(コマツ)ら4人。昨年基準を満たさず派遣を見送った女子63キロ級はリオ五輪代表の田代未来(同)が2大会ぶりに選ばれた。

 女子78キロ超級は22日の全日本女子選手権、男子100キロ超級は29日の全日本選手権後に決める。男…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文490文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]