メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水省

「松館しぼり大根」など、地理的表示保護の対象に

 秋田県鹿角市の松館しぼり大根(農水省提供)
 山形市の山形セルリー(農水省提供)
 長崎県対馬市の対州そば(農水省提供)

 農林水産省は9日、地域の農林水産物・食品のブランドを保護する地理的表示(GI)保護制度の対象に、秋田県鹿角市の「松館しぼり大根」や長崎県対馬市の「対州そば」、山形市の「山形セルリー」の3品目を追加登録したと発表した。長崎県産品は初の登録で、農水省のGI登録は35道府県の61品目と海外1品目の計62品目となった。

     農水省によると、松館しぼり大根は、辛み大根としては大型で、肉質が硬く貯蔵性が良い。対州そばは、食味・風味に優れ、苦みがあるそばの原種に近い特性がある。山形セルリーは成長しても繊維が柔らかく、シャキシャキとした食感で、えぐみ・苦みが少ない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
    3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
    4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]