メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷が奪三振ショー 7回無失点で降板

 米大リーグ、エンゼルスの投打の「二刀流」大谷翔平(23)が8日(日本時間9日)のアスレチックス戦に今季2度目の先発登板し、7回1安打、無失点で勝利投手の権利を得て降板した。

 大谷は7回1死まで一人のランナーも出さないパーフェクトピッチングを続けたが、2番セミエンに左安打を許した。その後、2死2、3塁のピンチを迎えたが、5番オルソンからこの試合12個目の三振を奪い、切り抜けた。

 大谷は初回の3者三振を皮切りに、毎回の奪三振ショーを展開。7回を終え試合は6-0でエンゼルスがリードしている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです