メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷が奪三振ショー 7回無失点で降板

 米大リーグ、エンゼルスの投打の「二刀流」大谷翔平(23)が8日(日本時間9日)のアスレチックス戦に今季2度目の先発登板し、7回1安打、無失点で勝利投手の権利を得て降板した。

 大谷は7回1死まで一人のランナーも出さないパーフェクトピッチングを続けたが、2番セミエンに左安打を許した。その後、2死2、3塁のピンチを迎えたが、5番オルソンからこの試合12個目の三振を奪い、切り抜けた。

 大谷は初回の3者三振を皮切りに、毎回の奪三振ショーを展開。7回を終え試合は6-0でエンゼルスがリードしている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 飲酒運転 容疑でトヨタ社員を逮捕 車が横転、同乗者軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]