メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅」ほか

 ■テヘランからきた男 西田厚聰(あつとし)と東芝壊滅(児玉博著・小学館・1620円)

 日本屈指の名門・大企業が惨たんたる状況に陥っている。その「戦犯」と呼ばれている元社長が主人公だ。早稲田大から東大の大学院に進み、西洋政治思想史を学んだインテリは学問を捨て、東芝にイランで現地採用される。異色のスタートと異例の出世、「奈落の底」に至る経緯に鋭く迫っている。(み)

 ■猫はためらわずにノンと言う(ステファン・ガルニエ著、吉田裕美訳・ダイヤモンド社・1404円)

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです