メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅」ほか

 ■テヘランからきた男 西田厚聰(あつとし)と東芝壊滅(児玉博著・小学館・1620円)

 日本屈指の名門・大企業が惨たんたる状況に陥っている。その「戦犯」と呼ばれている元社長が主人公だ。早稲田大から東大の大学院に進み、西洋政治思想史を学んだインテリは学問を捨て、東芝にイランで現地採用される。異色のスタートと異例の出世、「奈落の底」に至る経緯に鋭く迫っている。(み)

 ■猫はためらわずにノンと言う(ステファン・ガルニエ著、吉田裕美訳・ダイヤモンド社・1404円)

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文516文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  2. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  3. 訃報 浅利慶太さん85歳=演出家、元劇団四季代表
  4. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  5. 追跡2018 レゴランド・ジャパン 開業1年 辛口の声を受け止めて 中京大経済学部・内田俊宏客員教授 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]