メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大熊町住民意向調査 「戻らない」4.2ポイント減少 復興拠点に認定影響か /福島

 復興庁は、東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く大熊町の住民意向調査結果を発表した。帰還の意向については「戻らない」が59・3%で、前回の調査(2015年8月)より4・2ポイント減少した。同庁は町の帰還困難区域の一部が国の「特定復興再生拠点」(復興拠点)に認定されたことが減少の背景にあるとみている。

 調査は全町(5218世帯)の世帯主を対象に県、町と共同で今年1月に実施した。回答率は50・3%。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文520文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 飲酒運転 容疑でトヨタ社員を逮捕 車が横転、同乗者軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]