メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

北朝鮮の非核化 特別な査察の仕組みを=政策研究大学院大学長・田中明彦

習近平国家主席(右)と握手して記念撮影する金正恩朝鮮労働党委員長=北京の人民大会堂で2018年3月26日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 3月下旬、北朝鮮の金正恩委員長が訪中し、中国の習近平国家主席と会談した。4月27日には、韓国の文在寅大統領との南北首脳会談が予定され、5月末までには、米国のドナルド・トランプ大統領との米朝首脳会談が実現するかもしれない。南北首脳会談前の4月17日には安倍晋三首相が訪米し、トランプ大統領と日米首脳会談を行う。東アジアは久々に首脳外交の舞台となりつつある。

 昨年の東アジアが、北朝鮮のミサイル発射、核実験や、これを巡る非難合戦に明け暮れたことに比べると大き…

この記事は有料記事です。

残り2629文字(全文2857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. ジャパネットたかた 再発防止命令 違法な価格表示で
  5. ことば 地面師

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです