メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う 「強権」の毒、広がる 志位和夫・共産党委員長

志位和夫・共産党委員長=宮本明登撮影

 --財務省理財局の職員が森友学園の国有地売却を巡り、学園側に口裏合わせを求めていたことが明らかになった。

 ◆口裏合わせというより、うその説明をしてくれということだ。言語道断で許しがたい。やったのは、安倍晋三首相が昨年2月17日に「私や妻が関与していれば首相も議員も辞める」と表明した直後の2月20日だ。首相夫妻の関与の疑惑はいよいよ濃厚になった。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです