メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

試練の再始動

政策編/上 支持なき2%目標 物価上昇が生活圧迫

値上がりした納豆を販売するコーナーで買い物する客=東京都足立区で2018年4月4日午後、竹下理子撮影

 4月上旬の夕方、東京都足立区の住宅街にある「ベニースーパー」は夕飯の食材を探す買い物客でにぎわっていた。安さが人気のスーパーだが、この春、商品の値札に変化がみられた。原料価格や人件費の上昇を受け、売れ筋の3パック入り納豆を税抜き78円から88円にするなど一部の商品を値上げしたのだ。

 元建築業の男性(68)は「年金生活になって、チラシを見比べて買い物に来るようになった。物価が上がると家計が苦しいからね」と苦笑する。夫が建築部品会社に勤めるという主婦(43)も「給料は少し増えたけど、それより物の値段が上がった印象が強い。物価が上がって良いことはまったくない」と不満顔だった。

 「デフレ脱却への総仕上げ」を掲げ、9日再スタートを切った黒田東彦総裁。だが2013年3月の就任後5…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1409文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです