メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田・日銀総裁

再任 出口戦略見通せず 金融緩和策手詰まり

再任記者会見で記者の質問に答える日銀の黒田東彦総裁=日銀本店で2018年4月9日、竹内紀臣撮影

 9日付で再任された黒田東彦日銀総裁にとって、2%の物価上昇目標をどう総括するのかに加え、金融政策を正常化させる「出口戦略」に道筋をつけられるかが大きな課題となる。今後は、景気の後退局面や「出口」を巡る市場の混乱なども予想される。黒田氏のリーダーシップがこれまで以上に問われそうだ。

 日銀は2016年9月、世の中に大量のお金を流し込むため実施してきた年間80兆円の国債購入目標を事実上撤回し、長期金利を0%程度、短期金利をマイナス0・1%程度に抑える新たな長短金利操作政策を導入した。政策の軸を、限界が懸念されていた国債購入量から「金利」に移し、物価上昇を粘り強く目指す姿勢に切り替えるのが狙いだった。

 生鮮食品を除いた消費者物価指数の上昇率は、2月時点で前年同月比1%にとどまるが、黒田氏は9日の記者…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです