メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートデイズ

かぼちゃの馬車、破綻 民事再生法申請

 首都圏で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営する不動産会社、スマートデイズ(東京)は9日、民事再生法の適用を東京地裁に申請し受理されたと発表した。入居率の低迷が原因で、資金繰りが悪化。管理する物件の一部で光熱費の支払いが滞っており、入居者に混乱が広がる恐れもある。今後は、物件所有者の大半に購入資金を融資した地方銀行のスルガ銀行の対応が焦点となりそうだ。

     信用調査会社の帝国データバンクによると、スマートデイズは負債総額が今年3月末時点で約60億円に上る。創業から5年余りで1000棟近くの物件を建てたが、今年1月に所有者への賃借料の支払いを突然停止するなど運営は既に破綻していた。

     シェアハウスは台所など水回り設備が共用だが割安な家賃で住めるとして、主に求職中の若い女性が入居している。スマートデイズは経営破綻により「水道など生活インフラの確保が困難となる恐れがある」ため、物件の管理を変更するとしているが、立地が悪い物件で新たな管理会社を見つけるのは容易ではない。入居者の中国人留学生は「家賃を払っているのに空調やシャワーが止まるなんてあり得ない」とし来月退去すると話した。

     物件所有者は約700人で、会社員が多く地方在住者も含む。1億円以上を借りて購入したが、審査に使った書類の預金残高などをスマートデイズ側に改ざんされ、スルガ銀にローンの支払い猶予や金利の引き下げを求めている人もいる。

     スマートデイズはシェアハウス用の物件を1億円以上で販売し、その物件を所有者から借り上げて管理し、居住者から家賃を集めて毎月保証した賃借料を所有者に支払う事業を手掛けていた。だが、入居率は40%前後で収益力に乏しかった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです