メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

音楽学とはなんぞや 関西2大学リポート 古典だけじゃない、ネット配信~Kポップも「学問」

大阪大の伊東信宏教授(右)と斎藤桂助教(現在は京都市立芸大専任講師)。教室にはチェンバロなどの楽器が置かれている=大阪府豊中市で、須藤唯哉撮影

感覚の文化を言葉で支える

 作曲や演奏を思い浮かべる音楽に、学問として向き合う「音楽学」。欧米に比べると、日本では広く認知された学問とは言い難いが、向き合う対象はデジタル音楽やFMラジオの歴史など、クラシックになじみのない人にも身近であろう題材が含まれる。幅広い視点から捉える音楽学を、関西で学べる国公立2大学を訪ねた。【須藤唯哉】

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2164文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです