メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

15の春、聡太の飛躍 5月にも七段 タイトル挑む

朝日杯将棋オープン戦で広瀬章人八段との決勝に勝ち、史上最年少の棋戦初優勝を飾った藤井聡太五段(当時)=東京都千代田区で2018年2月17日、丸山博撮影

 高校生になった藤井聡太六段(15)が5日の対局で快勝し、今年度も幸先のいいスタートを切った。昨年度は最多連勝記録を塗り替え、最年少で五段、六段へと昇段した。今年度は七段昇段やタイトル挑戦の期待も掛かる。【丸山進】

 「まずはしっかり実力をつけ、各棋戦で上位を目指して頑張っていきたい」。新年度初の対局で勝利を収めた藤井六段は、対局後にこう語った。

 7日には、名古屋大教育学部付属高校(名古屋市)に入学。「これからの3年間は非常に大切な時期だと思い…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1077文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 学校事故 砲丸頭にあたり生徒けが 千葉の高校
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです