メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

15の春、聡太の飛躍 5月にも七段 タイトル挑む

朝日杯将棋オープン戦で広瀬章人八段との決勝に勝ち、史上最年少の棋戦初優勝を飾った藤井聡太五段(当時)=東京都千代田区で2018年2月17日、丸山博撮影

 高校生になった藤井聡太六段(15)が5日の対局で快勝し、今年度も幸先のいいスタートを切った。昨年度は最多連勝記録を塗り替え、最年少で五段、六段へと昇段した。今年度は七段昇段やタイトル挑戦の期待も掛かる。【丸山進】

 「まずはしっかり実力をつけ、各棋戦で上位を目指して頑張っていきたい」。新年度初の対局で勝利を収めた藤井六段は、対局後にこう語った。

 7日には、名古屋大教育学部付属高校(名古屋市)に入学。「これからの3年間は非常に大切な時期だと思い…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1077文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  3. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  4. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  5. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]