メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/128 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(32)

 それでも極光通信からの帰り道、三人はいっしょだった。まだ四時過ぎなので、春の空は明るい。すこしだけ暖かになったせいか、道路わきにあるドブの臭いが強くなっていた。細々と木造の家と町工場が立てこんだ下町の住宅街だった。タケシが口を開いた。

「誤解のないようにいっとくけど、登美ちゃんとぼくにはなにもないから。将来、結ばれるなんてことは絶対にないし」

 テツはのんびりと空を見あげ少し先を歩いている。ミヤはタケシの隣で足元の雑草を蹴り飛ばしていた。道路…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです