メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

トランプ時代の国際秩序

ジェームズ・ゴールドガイアー氏

 国際社会が戦国時代の様相を強めている。トランプ米大統領の「米国第一」旋風が吹き荒れる中、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領が強権支配を固めた。導き手不在の時代に世界はどこに向かうのか。非営利のシンクタンク「言論NPO」(工藤泰志代表)が先月主催した「東京会議」に参加した米国、イタリア、インドの専門家に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4511文字(全文4672文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]