メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

トランプ時代の国際秩序

ジェームズ・ゴールドガイアー氏

 国際社会が戦国時代の様相を強めている。トランプ米大統領の「米国第一」旋風が吹き荒れる中、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領が強権支配を固めた。導き手不在の時代に世界はどこに向かうのか。非営利のシンクタンク「言論NPO」(工藤泰志代表)が先月主催した「東京会議」に参加した米国、イタリア、インドの専門家に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4511文字(全文4672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです