メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

試練の再始動

政策編/中 超低金利、苦渋の地銀 高リスク融資/米債投資失敗

 9日に民事再生法の適用を申請した不動産会社「スマートデイズ」(東京)。単身女性向けのシェアハウスを1億円以上で会社員らに販売し、その物件を借り上げて所有者に賃借料を支払うという特異なビジネスモデルを、物件購入の資金を融資する形でスルガ銀行(静岡県沼津市)が支えた。積極融資の底流には、日銀の超低金利政策があった。

 「『超低金利が終わってからでは遅い』とスマートデイズの担当者に言われ、追い立てられるような感覚で契…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1395文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです