メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店3社

2社が増収増益 高額品や免税品が好調

そごう・西武は店舗閉鎖の影響で売上高が減少

 主要百貨店3社の2018年2月期決算が10日、出そろった。大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリング、高島屋の2社は宝飾品や時計などの高額品や訪日外国人向けの免税品が好調で増収増益となった。そごう・西武は店舗閉鎖の影響で売上高が減った。

 J・フロントの連結決算は、売上高に当たる売上収益が前期比3.8%増の4699億円だった。昨年開業した東京の複合商業施設「GINZA SIX…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです