メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/129 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(33)

 時田メリヤスのガラス戸を開けると、正面にいとこの登美子が立っていた。

「遅いよ、タケシくん。今日はせっかくの早上がりだったのに。どこ寄り道してたの」

 登美子とは朝夕はいっしょに通っていないけれど、同じ極光通信で勤労奉仕をしていた。すこし伸びたおかっぱの髪はきちんとくしを入れられているようだ。朝よりも髪型が決まっている。組の友人たちから当の登美子との楽天地いきを難詰されていたとはいえずに、適当にごまかした。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです