メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/129 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(33)

 時田メリヤスのガラス戸を開けると、正面にいとこの登美子が立っていた。

「遅いよ、タケシくん。今日はせっかくの早上がりだったのに。どこ寄り道してたの」

 登美子とは朝夕はいっしょに通っていないけれど、同じ極光通信で勤労奉仕をしていた。すこし伸びたおかっぱの髪はきちんとくしを入れられているようだ。朝よりも髪型が決まっている。組の友人たちから当の登美子との楽天地いきを難詰されていたとはいえずに、適当にごまかした。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです