メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/129 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(33)

 時田メリヤスのガラス戸を開けると、正面にいとこの登美子が立っていた。

「遅いよ、タケシくん。今日はせっかくの早上がりだったのに。どこ寄り道してたの」

 登美子とは朝夕はいっしょに通っていないけれど、同じ極光通信で勤労奉仕をしていた。すこし伸びたおかっぱの髪はきちんとくしを入れられているようだ。朝よりも髪型が決まっている。組の友人たちから当の登美子との楽天地いきを難詰されていたとはいえずに、適当にごまかした。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文884文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 埼玉・宮沢湖畔 「ムーミン」テーマパーク、来年3月開業
  3. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  4. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  5. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]