メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隅田川花火大会

7月28日開催 2会場で2万発 江戸川区は8月4日 /東京

 夏の風物詩・隅田川花火大会の実行委員会は、今年の開催日を7月28日(午後7時~8時半)に決めた。上流の第1会場(桜橋-言問橋)で10業者による花火コンクール200発を含む9350発、下流側の第2会場(駒形橋-厩橋)で1万650発の計2万発を打ち上げる。41回目を迎える今年は約95万人の来場者を見込む。

     また、江戸川区花火大会は8月4日(午後7時15分~8時半)、都立篠崎公園先の江戸川河川敷で開かれる。5秒間に1000発のオープニングを皮切りに、高さ50メートル、全長280メートルの富士山仕掛け花火など約1万4000発を打ち上げる。昨年と同程度の約139万人が来場する見通し。荒天の場合はいずれの花火大会も翌日に順延し、翌日も荒天の時は中止となる。【川村咲平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
    3. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表
    4. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
    5. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]