メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

千葉・南房総 なめろう 鮮度命の“漁師めし” 薬味とみそ、たたいて調理 /東京

 千葉県南部で生まれた「なめろう」をご存じだろうか。アジなどの身をネギやショウガの薬味とみそと合わせ、包丁でたたいて作るかつての“漁師めし”である。酒のつまみにも、ご飯のおかずにもよく合うなめろうを食べに南房総市に出かけた。【馬渕晶子】

 なめろうは漁師が船上で作っていた料理で、液体のしょうゆより持ち運びやすいみそで味付けする。江戸への物流が海路中心だったことから房総半島沿岸に広まった。

 「皿についた身まで、なめるほどおいしい」。それが名の由来という説もある。なめろうをアワビの殻に盛り…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1386文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  5. 文化審議会 世界遺産候補に北海道・北東北の縄文遺跡群

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]