メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

処理計画5年ぶり変更 県、対象量を初確定 /香川

 豊島(土庄町)に不法投棄された産業廃棄物や汚染土壌の処理方法などを定めた「豊島廃棄物等の処理にかかる実施計画」について、県が5年ぶりに変更し、環境相の同意を得た。汚染地下水浄化の手順などの記述を充実させたほか、昨年6月に産廃類の処理がおおむね完了したのに伴い、推定値にとどまっていた処理対象量を初めて確定値で記載した。

 県廃棄物対策課によると、環境相の同意は3月26日付。実施計画は2022年度を期限とする産廃特措法に…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文614文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]