メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

森友審議を見続けて 国会軽視、与党こそ怒れ=光田宗義(政治部)

参院予算委員会の証人喚問で自らの答弁で審議が止まり、委員長席に集まる与野党理事の議員たちの協議を待つ佐川宣寿前国税庁長官(奥)=国会内で2018年3月27日、藤井達也撮影

 なぜ、これほどまでに国会が軽視されるようになってしまったのか。2年連続の証人喚問を含め、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る国会審議を昨年から見続けた率直な気持ちだ。検察当局や財務省が捜査、調査を進める公文書改ざん問題は、国会軽視の行き着く果てに見える。

佐川氏証人喚問 疑問は解消せず

 昨年の国会審議で森友関連の答弁を担った財務省の前理財局長・佐川宣寿氏(前国税庁長官)は、今年3月27日、喚問の証人として再び国会に立った。昨年見せた不敵とも言える表情は、今年も「健在」だった。最初に質問した自民党の丸川珠代参院議員は、政治家、安倍晋三首相、首相夫人、首相官邸による改ざん指示が「ありませんでしたね」と立て続けに問うた。佐川氏は「ございません」ときっぱりと繰り返した。

 佐川氏は、政治家や官邸の関与だけは明確に否定して「理財局内の話だ」としたが、局内での経緯などは一転…

この記事は有料記事です。

残り1641文字(全文2028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです