メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第2部 育ちの現場から/2 機能や味覚、給食で学ぶ

給食をおいしそうに食べる児童たち=京都市立伏見南浜小学校で、小島正美撮影

 ●栄養教諭が推進

 学校給食を利用した食育が広がり始めている。和食の給食で知られる京都市の小学校。3月上旬、食育に力を入れている市立伏見南浜小5年生のランチルームをのぞいた。

 調理施設は学校に併設された自校方式。児童が教室へ給食を運んでくるとだしの香りがほんのりしてきた。多機能加熱機器のスチームコンベクションオーブンで焼いたサワラの西京焼きとほうれん草の煮びたし、ご飯とすまし汁。牛乳込みで1食の費用は262円になる。

 給食が机に並んだところで、児童2人が教室の隅に座った。マイクに向かって「サワラは漢字で鰆と書きます…

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです