メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FOCUS

大相撲 「女人禁制」の波紋 救命措置中「女性は土俵下りて」

 大相撲の土俵に女性を上げてはならないとする、「女人禁制」の議論が再燃している。4日に京都府舞鶴市であった春巡業で多々見良三市長が土俵上で倒れ、救命措置をした複数の女性に若手行司が場内アナウンスで土俵から下りるよう求めたのがきっかけ。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は不適切な対応だったことを認めてすぐに謝罪したが、その後も巡業地の市長が“伝統”の見直しを求めるなど波紋が広がっている。【飯山太郎】

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1746文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです