メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生可能エネルギー

100%じわり 大和ハウスなど国際企業連合に 設備費は欧州の2倍、コスト高

企業再生エネ100%達成に向けた状況

 オフィスや工場で使う電力の全てを太陽光など再生可能エネルギーで調達しようとする動きが企業の間で広がりつつある。3月には大和ハウス工業、ワタミ、イオンの3社が、「再生エネ100%」の活用を目標に掲げる国際的な企業連合「RE100」に相次いで加盟した。企業の環境対応を、取引や投資をする際の判断基準とする動きが世界的に広がっていることが背景にある。しかし、国内で必要な電力を再生エネ100%に切り替えるには、調達コストが割高になるなど日本企業の加盟には課題も多い。【小坂剛志】

 RE100は2014年に英国で発足。事業に必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄い、二酸化炭素…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1407文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです