メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FOCUS

大相撲 女相撲も日本の伝統ですが… 土俵「女人禁制」議論再燃

私たちも闘いました

 大相撲の土俵に女性を上げてはならないとする、「女人禁制」の議論が再燃している。

 4日に京都府舞鶴市であった春巡業で多々見良三市長が土俵上で倒れ、救命措置をした複数の女性に若手行司が場内アナウンスで土俵から下りるよう求めたのがきっかけ。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は不適切な対応だったことを認めてすぐに謝罪したが、その後も巡業地の市長が“伝統”の見直しを求めるなど波紋が広がっている。

 6日に春巡業が開催された兵庫県宝塚市の中川智子市長は、舞鶴市長と同様に土俵上であいさつすることを希…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1693文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです