メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/130 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(34)

 それは男である自分の台詞(せりふ)だった。だが男勝りの登美子にはよく似あう言葉でもある。タケシは破願していった。

「お母さんなんていってた」

 ふふふと笑ってミヤが一目惚(ぼ)れしたといういとこがいった。

「うちのタケシをよろしくお願いしますって。君代さんておもしろいよね。アメリカ帰りでお洒落(しゃれ)でモダンだし、わたしのあこがれだよ」

 タケシはちいさな町工場が並ぶ路地に注意深く視線を送った。近所の人はほとんど歩いていない。熱していた…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文925文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]