メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/130 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(34)

 それは男である自分の台詞(せりふ)だった。だが男勝りの登美子にはよく似あう言葉でもある。タケシは破願していった。

「お母さんなんていってた」

 ふふふと笑ってミヤが一目惚(ぼ)れしたといういとこがいった。

「うちのタケシをよろしくお願いしますって。君代さんておもしろいよね。アメリカ帰りでお洒落(しゃれ)でモダンだし、わたしのあこがれだよ」

 タケシはちいさな町工場が並ぶ路地に注意深く視線を送った。近所の人はほとんど歩いていない。熱していた…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです