メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/130 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(34)

 それは男である自分の台詞(せりふ)だった。だが男勝りの登美子にはよく似あう言葉でもある。タケシは破願していった。

「お母さんなんていってた」

 ふふふと笑ってミヤが一目惚(ぼ)れしたといういとこがいった。

「うちのタケシをよろしくお願いしますって。君代さんておもしろいよね。アメリカ帰りでお洒落(しゃれ)でモダンだし、わたしのあこがれだよ」

 タケシはちいさな町工場が並ぶ路地に注意深く視線を送った。近所の人はほとんど歩いていない。熱していた…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文925文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 山口メンバー 「本当に申し訳ない」涙で謝罪 無期限謹慎
  3. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
  4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]