メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 1冠奪取、オウケンムーン (日曜競馬)

 春のクラシック第2弾。舞台は阪神から中山に移り、16頭の精鋭が激突する。大本命のダノンプレミアムが出走を回避して、一転、大混戦ムードとなった。

 ここでは2011年に東京競馬場で行われた分を含めた過去10年のデータで傾向を探って見た(別表参照)。

 ■人気と配当

 1番人気は4連対(2勝2着2回)とひと息の成績で、2、3番人気も4、3連対とやや精彩を欠いている。代わりに、人気薄の6~9番人気から6頭が連対している。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1116文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです