メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/1 最期も「自分らしく」 「ひとり」前提に考える /東京

カラフルで生前の趣味に合わせた骨つぼも登場してきた=昨年のエンディング産業展で、滝野隆浩写す 

 先月葬送ジャーナリストの碑文谷創さん(72)に会ったとき、「『孤独死』とか『孤立死』という言葉は、自分は使わない」と言われた。そして四半世紀以上、死や葬送をテーマに取材してきた先駆者はこう続けた。

 「孤独とか孤立という言葉には、価値観が入っているでしょ? 一人で死んでいくのは可哀そうだとか。そこは放っておいてほしいと思って」

 少子高齢化が急速に進み、加えて多死と単身世帯の急増も深刻だ。だけど、その解決策として「昭和の大家族…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文990文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  5. コンビニ駐車場 男性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]