メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/1 最期も「自分らしく」 「ひとり」前提に考える /東京

カラフルで生前の趣味に合わせた骨つぼも登場してきた=昨年のエンディング産業展で、滝野隆浩写す 

 先月葬送ジャーナリストの碑文谷創さん(72)に会ったとき、「『孤独死』とか『孤立死』という言葉は、自分は使わない」と言われた。そして四半世紀以上、死や葬送をテーマに取材してきた先駆者はこう続けた。

 「孤独とか孤立という言葉には、価値観が入っているでしょ? 一人で死んでいくのは可哀そうだとか。そこは放っておいてほしいと思って」

 少子高齢化が急速に進み、加えて多死と単身世帯の急増も深刻だ。だけど、その解決策として「昭和の大家族…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです