メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千手観音立像

特別公開 猿投神社の秘仏、修復終了 豊田市郷土資料館で22日まで /愛知

 豊田市猿投町の猿投神社・山中観音堂の秘仏本尊として安置されている木造千手観音立像(せんじゅかんのんりゅうぞう)(市指定文化財)の修復が終わり、同市陣中町の市郷土資料館で特別公開されている=写真・市提供。

     千手観音は「千の手と千の目」を持つことから千手千眼観音菩薩(ぼさつ)、千手千眼観自在菩薩とも言われる。同神社の像は面相や下腹部の出た作風から平安時代中期の作と推定されており、元は彩色されていたという。ひのき材を使い、高さ167・5センチ。過去の修復作業で誤ってつけられていた手を正しい位置につけ直すなど、解体して本格的な修復作業を実施した。

     普段は秘仏として安置され見られないが、修復を記念して特別に公開した。22日まで。無料。【中島幸男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ことば 健康保険組合
    2. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
    3. JIS 「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮
    4. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
    5. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]