メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

県が再調査開始 汚泥発見受け、掘り起こし /香川

処分地を重機で掘り起こす作業員=香川県土庄町の豊島で、岩崎邦宏撮影

 昨年3月に不法投棄された産業廃棄物の撤去が終わった豊島(土庄町)で今年に入ってから新たな産廃が見つかった問題で、県は12日、産廃が残っていないかを確認する調査を始めた。遅くとも6月末までに再調査を終えたい考えだ。

 豊島の処分地では1~2月、計約115トンの産廃汚泥が相次いで発見された。再調査は処分地約6・9ヘクタールのうち、つぼ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]