メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

県が再調査開始 汚泥発見受け、掘り起こし /香川

処分地を重機で掘り起こす作業員=香川県土庄町の豊島で、岩崎邦宏撮影

 昨年3月に不法投棄された産業廃棄物の撤去が終わった豊島(土庄町)で今年に入ってから新たな産廃が見つかった問題で、県は12日、産廃が残っていないかを確認する調査を始めた。遅くとも6月末までに再調査を終えたい考えだ。

 豊島の処分地では1~2月、計約115トンの産廃汚泥が相次いで発見された。再調査は処分地約6・9ヘクタールのうち、つぼ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  2. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  3. 富田林逃走 左のふくらはぎ入れ墨の絵柄を公表 大阪府警
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです