メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

作家 玉井政雄 若戸大橋橋脚付近(若松区浜町) 兄超えた、戦争への罪責感 /福岡

 若松と戸畑を結ぶ若戸大橋は、1962年9月27日に開通した。若松側の海に面して、建設工事の犠牲者の「慰霊碑」がある。文は玉井政雄、字は玉井と親しかった詩人の志摩海夫が手がけた。

 美しい空と水の間/鴎飛ぶ橋を/海の涯ゆく百千の船を/見守りながら/十の御霊(みたま)が眠っている

 玉井は旧若松市の石炭仲仕「玉井組」に生まれた。9人兄妹の3番目で、3学年上の長男は一時代を築いた作家、火野葦平(本名・玉井勝則)。影響を受け、子どものころから文学や創作に親しんで育った。

 旧制若松中、熊本の第五高等学校を経て東京帝国大法学部政治学科へ進んだが、小説を書き始め、葦平出征を…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです