メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う 官僚の誇り揺らぎ 竹下亘・自民党総務会長

竹下亘・自民党総務会長=藤井達也撮影

 --森友学園への国有地売却を巡って、財務省の文書改ざん、学園側への口裏合わせの要請が発覚した。

 ◆改ざんはあってはならない、ゆゆしき事態だ。口裏合わせに至っては論評のしようがないほどひどい。官僚は「公僕」だ。矜持(きょうじ)はどこに行ったのか。

 --政治家の指示や官僚の忖度(そんたく)はなかったか。

 ◆安倍晋三首相は(指示や働きかけを)絶対やっていないという自信があったから、「私や妻が払い下げに関…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです