メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 トランプ米大統領はシリアのアサド大統領を「けだもの」(animal)と罵倒したが、アサド氏の亡父で先代大統領のハフェズ氏には「中東のキツネ」という異名もあった。

 キツネも「けだもの」の一種ながら、よく言えば賢明、悪く言えば狡猾(こうかつ)。第二次大戦時、英国を翻弄(ほんろう)したドイツの名将ロンメルが「砂漠のキツネ」と呼ばれたように、ハフェズ氏は米国から「シリア=テロ支援国家」のレッテルを貼られつつも巧みに友好関係を保った。

 彼と犬猿の仲だったのがイラクの故フセイン大統領だ。ある会合で2人は嫌みを言い合っていたが、そのうち…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1007文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]