メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 トランプ米大統領はシリアのアサド大統領を「けだもの」(animal)と罵倒したが、アサド氏の亡父で先代大統領のハフェズ氏には「中東のキツネ」という異名もあった。

 キツネも「けだもの」の一種ながら、よく言えば賢明、悪く言えば狡猾(こうかつ)。第二次大戦時、英国を翻弄(ほんろう)したドイツの名将ロンメルが「砂漠のキツネ」と呼ばれたように、ハフェズ氏は米国から「シリア=テロ支援国家」のレッテルを貼られつつも巧みに友好関係を保った。

 彼と犬猿の仲だったのがイラクの故フセイン大統領だ。ある会合で2人は嫌みを言い合っていたが、そのうち…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです