メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

西野朗さん=サッカー日本代表監督に就任した

サッカー日本代表の新監督に就任し、記者会見する西野朗監督=東京都文京区で2018年4月12日午後5時42分、長谷川直亮撮影

西野朗(にしの・あきら)さん(63)

 さわやかな風貌とは対照的に、厳しさが漂った。「精いっぱいロシアに向けてチーム作りをしていきたいなという覚悟でおります」。ハリルホジッチ前監督の解任を受けて、火中のクリを拾った。ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕を2カ月後に控えた12日の就任記者会見で、決意を示した。

     「マイアミの奇跡」で知られる指揮官だ。1996年アトランタ五輪。中田英寿さんや川口能活(J3相模原)らを率いて日本が28年ぶりに出場した大舞台で、ブラジルを1-0で破った。サッカー大国に勝つための現実的な戦略を採用したが、「守備的だ」「魅力がない」と批判も受けた。その後は攻撃的なサッカーを学ぶため、スペイン・バルセロナに飛んだ。

     その経験はJ1で生きた。2002年から10シーズンにわたって指揮したガ大阪では「2点取られたら3点。3点取られたら4点」という超攻撃的なサッカーを展開した。J1、アジア・チャンピオンズリーグ、天皇杯といった主要タイトルを次々に獲得した。かつての批判への反骨心が、黄金期を築く原動力になった。

     現役時代は天才肌のMFとして活躍したが、W杯とは無縁だった。初めてのW杯は監督という立場で臨む。「選手が本来持っているパフォーマンスを出させたい」。選手の力を信じ、ロシアに向かう。<文・福田智沙 写真・長谷川直亮 >


     ■人物略歴

     埼玉県出身。浦和西高、早大を経て日立製作所(現J1柏)で活躍。引退後は五輪日本代表、J1の監督を歴任。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]