メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

「シェイクアウト」で地震訓練

一斉に机の下にもぐる児童たち=京都市左京区の同市立岩倉北小学校で

 地震が起きた時、どうやって身を守るのか。「まず低く」「頭を守り」「動かない」という3段階の行動を身につけるのが、米国発の防災訓練「シェイクアウト(ShakeOut)」だ。普及させる取り組みは、阪神大震災(1995年)以降、大きな震災のない関西でも広がり、専門家は「誰でも短時間でできるシェイクアウトで、身を守る振る舞いを習慣づけることが大切だ」と話している。

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1420文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]