メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

「シェイクアウト」で地震訓練

一斉に机の下にもぐる児童たち=京都市左京区の同市立岩倉北小学校で

 地震が起きた時、どうやって身を守るのか。「まず低く」「頭を守り」「動かない」という3段階の行動を身につけるのが、米国発の防災訓練「シェイクアウト(ShakeOut)」だ。普及させる取り組みは、阪神大震災(1995年)以降、大きな震災のない関西でも広がり、専門家は「誰でも短時間でできるシェイクアウトで、身を守る振る舞いを習慣づけることが大切だ」と話している。

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1420文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]