メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/249 第7章 10=高村薫 田中和枝・挿画監修

 その後、忍はどうやって自宅へ帰ったのか覚えていない。それから数時間、あるいは十数時間というもの、枕の上に落ちたまま一ミリも動かない頭から、融(と)けた脳味噌(みそ)が格納容器の壁を突き破って枕やマットレスへ、床板へ、地面へと落ちて下水に呑(の)み込まれ続けており、何かを考えようとしても言葉の切れ端を拾い上げるだけの気力もない。

 ベッドに転がっている身体もぴくりとも動けないが、海馬の周辺ではかろうじて、区域毎(ごと)、曜日毎に…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文953文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]