メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

金融庁が立ち入りへ シェアハウス破綻巡り

金融庁=東京都千代田区で、根岸基弘撮影

 女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社が経営破綻した問題で、金融庁は12日、大半の物件所有者に購入資金を融資していたスルガ銀行(静岡県沼津市)に対して月内にも立ち入り検査を行う方針を固めた。不適切な融資が被害を拡大させた可能性が高いと判断した模様だ。検査結果を踏まえ、業務改善命令などの行政処分を検討する。

 かぼちゃの馬車は不動産会社、スマートデイズ(東京)が展開。シェアハウス用の物件を1億円以上で会社員らに販売した上、それを借り上げ、入居者から集めた家賃から所有者に保証した賃借料を支払う仕組みだった。

 しかし、入居率の低迷で賃借料の支払いが止まったため、ローン返済に苦しむ所有者が続出している。同社は今月9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し事実上、破綻。所有者に自己破産などが広がる懸念がある。

 かぼちゃの馬車の物件は全国に1000棟近くあり、所有者は約700人に上る。関係者によると、スマートデイズは購入者にスルガ銀の横浜市内の支店で融資を受けるように勧めていた。融資審査では預金残高が改ざんされた通帳のコピーが使われた例も多かったという。

 金融庁は3月、スルガ銀に銀行法に基づく報告徴求命令を出し、実態把握を進めてきた。スルガ銀の支店担当者がスマートデイズ側と結託し、不適切な融資審査を行った疑いがあるとみている。スルガ銀本体についても、支店に強い権限を与える方針がガバナンス(企業統治)の欠如を招いた可能性があるとみており、立ち入り検査で調べる。【鳴海崇】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]