メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~19~ 18~19年シーズンのプログラムを見て~レパートリーの中心は20世紀音楽

山田治生

 日本のオーケストラの新しいシーズン・プログラムがほぼ出そろったので、今回は、現在のオーケストラのレパートリーについて考えてみたいと思う。

 2018/2019シーズン(日本では4月から3月までを1シーズンとする楽団が多いが、欧米と同じく9月スタートとするところも増えている)のプログラムを見ての印象は、今やプロ・オーケストラの定期演奏会の中心は20世紀音楽になったということ。そして19世紀音楽はそれなりに多いものの、18世紀音楽はほとんど演奏されなくなっているということ。21世紀音楽はまだまだ少ないという感じだろうか。

この記事は有料記事です。

残り3149文字(全文3415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです