メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~19~ 18~19年シーズンのプログラムを見て~レパートリーの中心は20世紀音楽

山田治生

 日本のオーケストラの新しいシーズン・プログラムがほぼ出そろったので、今回は、現在のオーケストラのレパートリーについて考えてみたいと思う。

 2018/2019シーズン(日本では4月から3月までを1シーズンとする楽団が多いが、欧米と同じく9月スタートとするところも増えている)のプログラムを見ての印象は、今やプロ・オーケストラの定期演奏会の中心は20世紀音楽になったということ。そして19世紀音楽はそれなりに多いものの、18世紀音楽はほとんど演奏されなくなっているということ。21世紀音楽はまだまだ少ないという感じだろうか。

この記事は有料記事です。

残り3149文字(全文3415文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]