メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 中山11R・皐月賞 (日曜競馬)

末脚強力、ワグネリアン

 当日の予報は雨。しかしワグネリアンにとっては力勝負の追い風となるとみた。初戦の上がり3ハロンは仰天の32秒6、続く重馬場で行われた野路菊Sは33秒0。さらに東京スポーツ杯2歳では息の入らないハイペースを中団から突き抜けて圧勝した。休み明けの前走弥生賞2着で連勝は3で止まったが、中山の急坂で推定10秒台のラップを含む33秒7の末脚を駆使している。木曜の事前発表馬体重は458キロ。大きいほうではないが、父ディープインパクトもダービーまでは細身に見えるほどだった。テンションは高めだが、レースでは指示に従順な点…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです